FC2ブログ
今日の出来事
始めまして。 更新日、未更新日が不規則ですけど、書いてるので見に来てください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
寝て見た夢
ちょっと今回は夢について語ろうと思います。
意外にも、明確ぐらいに覚えているから聞いてもらいます。
俺が見た夢は次の通りです。


ある日の事。俺はいつものように部室へ向かった。何故か部室は開いており、そして誰の鞄も無かったので一人で寂しくカードの種類を分けていました。すると、俺の友達であって同じ部活じゃない人、二人と一緒にやってきたのは俺の最初の友達と先輩一人です。
ちょこっと会話をして、分別が終わり次第後ろを振り向くと、その二人がいちゃついているではありませんか。

ホモ!!

後ろを振り向いてすかさず前を見ます。右側には最初の友達、左側には先輩と同じようにしています。
すると、いちゃついている二人の近くの窓から、もう一人の先輩が来て、部活をしようと言います。

そして向かった先は、既に試合が行われている草原のフィールド場です。俺は不思議に思いつつも、キーパーの位置につきます。そしてキーパーをするんですが、ほぼボールをキャッチできません。そこで第四(?)クォーターが終了し、休憩へと向かいます。
ゴールキーパーなので、ゴールの中で食事しようと思ったらいちゃついていた友達の一人がそこに来ます。
ちょっと話していくと、何故か俺は電車賃と手袋しか持ってきていないようです。なので、食事が取れません。
だけど、友達が残りを全部やるといってきました。申し訳ないので、断ります。
そして第五クォーターが始まるまでに、俺はちょっと歩いていました。
すると、何故か森の中で迷っているではありませんか。
俺は必死こいて出口を探そうとします。そして出てきた場所は草原でした。
そして何故か俺は両手に抱えて持っている鳥を持ってます。
そして女性A(ここではAとしておく)さんがいます。
少し会話をしていると、その女性Aさんは不思議な調査をしているのこと。
会話が終わったので、俺は周辺を歩こうとしたら小鳥が死んでいて、しかも銃の下敷きになってます。
頭から血が流れ出していて、先ほど殺したかのような感じがしました。実際触れたわけでもありません。
何故か良心的な俺は、女性Aさんに助けを求めます。
すると、何故か車を運転してきて、その車がら色んなホースだの検察器だのと出現していきます。
それで何かをしたのかと思いきや、次にはこのような事をいいました。


「これから竜が一匹遥か彼方からやってくるわ。その竜は何でも治せるけど、体温を持つ生きてる動物達に入り込んでこようとする。だから、息を止めなければならない」

正直、びっくりしました。何でそんな事を知っているのかなんて聞けるわけもありません。
そんなこんなで三十分ぐらい経過したところ、青空から一点の紫色が蠢いています。

「来た!息を止めるのよ!」

そう言って、俺は息を止めます。
その紫色で蠢いている竜は段々とこちらに近づき、そして目の前の海に落ちます。
そして興味本位で乗りかかった少年の二人が竜の背中に乗ります。
するとどうでしょう。首をほぼ百八十度を回して後ろを見ます。
それを見て、危険を悟った女性Aさんと、どこからか知らないけど現れた女性Bさんが、木の枝とかを投げて気をそらそうとします。
それに気づいてくれた竜は、背中の少年達を振り下ろし、こちらへと近づいてきます。
その間に、女性AさんとBさん、本当にどこから現れたのか知らない女性Cさんが逃げて行きます。
俺はその死んだ鳥の後方に立っていて、竜はこちらへと近づいてきます。
そして竜は首を伸ばし、俺をジロジロと見ます。なかなか鳥を治してはくれません。
そして竜の後ろからかろうじて女性Aさんはいいます。

「あんなに興味を持つなんて始めてかしら」

そんな風に聞こえたのも、意識が遠のく寸前です。そして息が苦しくなっていきます。
でも、なかなか鳥を治してくれず、俺の体をジロジロと見ていきます。
そして本当に意識が遠のく前に、俺は胸に手を持っていきます。クロスして。
なかなか竜が治療してくれず、俺を見つめていると―――


そこで夢が終わり、起きてみると胸の前で手をクロスしています。
本当に怖かったです。その竜が。
で、起きた後に考えてみるとおかしな事が何点か分かります。
①まず、部活は水泳/水球です。
なので、そのフィールド場で行っていた試合はハンドボールです。
②いちゃついていた友達がいますけど、その内の一人と一緒に食事しています。
どうせその試合を見に来たんでしょうw
③車から出ていたホースや検察器は、竜へ送るイメージだったのでしょう。
俺はそのように考えています。

俺は三十分前ぐらいに起きたのでまだ覚えてます。
本当に死ぬかと思いました。
スポンサーサイト
Copyright © 2018 今日の出来事. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。